職員研修

みはた虹の丘保育園では毎月1回、職員研修を行っています。

平成29年度は、外部講師を招いたり、グループディスカッションやディベートなど、様々な取り組みを行ってきました。

3月の研修では3名の保育士が研究発表をしました。

 

『乳児期に大切なアタッチメントについて』

f:id:niji-nooka:20180308141009j:plain

f:id:niji-nooka:20180308141035j:plain

f:id:niji-nooka:20180308141101j:plain

 

『咀嚼について』

f:id:niji-nooka:20180308141144j:plain

f:id:niji-nooka:20180308141332j:plain

 

『見立て遊びについて』

f:id:niji-nooka:20180308141402j:plain

f:id:niji-nooka:20180308141422j:plain

保育士が日頃から大切にしていることについて、「それはなぜ大切なのか」「なぜ必要なのか」など、疑問に思っていたことなどから、原因を探り、実践、検証を繰り返してきて得た結果を発表しました。

 

どの保育士からも、子どもへの愛情がひしひしと伝わり、今後、自分は子どもたちとこんなかかわりをしたい。と、それぞれの心意気も聞くことが出来ました。

 

発表を聞いた保育士からは、自分自身の担当しているお子さんに照らし合わせて、このようなかかわりをしてみよう。と気付きを得られたという感想もでてきました。

 

これからも、このような取り組みを通じて、よりよい保育園を目指します!