春夏秋冬

季節を表す言葉として用いられている、二十四節気立春春分夏至冬至など、なじみのある言葉ですね。

 

今日は『大雪』の頃だそうで、山岳だけではなく平野にも雪が降る時期だそうです。

 

保育園でも、かわいい雪だるまが玄関でお出迎えをしています。

f:id:niji-nooka:20181213140438j:plain

大雪の頃には「街にはクリスマスの飾りなどでにぎやかになる頃」なんていう記事をみつけましたよ。

f:id:niji-nooka:20181213140519j:plain

二十四節気を更に細かく季節を分けたものが、七十二候というそうです。

動植物の変化や気象の動きについて教えてくれています。

豊かな自然を感じることが出来る四季って素敵♡

 

ちなみに、七十二候では12月12日頃は

「熊蟄穴(くまあなにこもる)」

熊が穴に入って冬ごもりする頃。何も食べずに過ごすため、秋に食いだめをします。

 

だそうです。

私たち「人」も冬籠りのために、食欲が増えたり、活動が少しゆっくりしたり、「あれ?」と感じる行動があるかも知れませんね・・・