みはた虹の丘こども園のブログ

2019年4月より認定こども園に移行しました。ブログを通じて、園の取り組みや、園児たちの元気で健やかな様子をお伝えしていきます。どうか宜しくお願いいたします。

こいのぼり☆

 

 

やねよりたかい こいのぼり~♬

5月5日はこどもの日!!

 

みはた虹の丘こども園には、素敵なこいのぼりがたくさん泳いでいるようですよ😊

 

《0歳児はいはい組 1歳児よちよち組》

おててにギュッギュッ✋

 

ペッタン!!

 

みんなでペッタン、ペッタンしていくと、可愛らしい小さな手形がウロコに変身!

大きなこいのぼりが、「今日もたくさん遊ぼうね」と保育室の入り口で出迎えているようですね♪

 

 

《2歳児ぐんぐん組》

絵の具を手のひらに・・・

「つめた~い!」

 

「みてみて~おててがピンクになっちゃった~!」

 

お友だちと一緒に塗り塗り~楽しいね♪

 

《3歳児のびのび組》

「こいのぼりさんの目玉をグルグルグルグル!」

 

こいのぼりに模様や目玉を描く子どもたち😊

 

素敵な模様を描いてもらったこいのぼり、嬉しそうに泳いでいますね♪

 

《4歳児いきいき組》

「みてみて~私のこいのぼり✨」

ウロコをよく見てみると・・・クローバー!?

 

新緑の木々、若葉でいっぱいの園庭で・・・

 

クローバーを摘んでペタペタ~

 

「こいのぼりの模様って葉っぱみたい!」

そんな子どもの一言から始まった、いきいき組のこいのぼり製作😊自然のパワーが伝わって今にも泳ぎ出しそうですね♪

 

《5歳児わくわく組》

「どんな模様のこいのぼりにしようかな~」

はさみで切って、のりで貼って・・・

 

絵の具を塗って・・・

 

画用紙を重ねると・・・

 

「こいのぼりスタンプできた!!」

模様が浮き出てきましたよ😊!!

虹の丘こども園で子どもたちが作っていたいろいろなこいのぼり・・・こいのぼりの由来は、昔の中国の言い伝えによると、黄河をさかのぼり、「龍門」と呼ばれる滝をのぼりきった鯉は、龍になって天にのぼることができるとされているようです。このことから、子どもたちが元気に育ち、立派に輝けますようにと願いを込めて、こいのぼりが飾られるようになったのです✨

 

このような由来を子どもたちの年齢に合わせて、伝えたり、歌や絵本、紙芝居、製作を通して伝統行事に親しみをもつことができるようにしています。

 

子どもたちがみんなみんな、元気にすくすく育ちますように😊✨